診療科・部門等一覧

リウマチ・膠原病生涯治療センター

最終確認日:2018/7/1
ご挨拶

膠原病には、この10年間で大きな治療変化を遂げたものも多くあります。生物学的製剤をはじめとする分子標的薬と呼ばれる新たな治療薬の登場に伴い、従来からの薬剤とともに上手に使用することで、寛解や低疾患活動性と呼ばれる病勢の落ち着いた状態や、治療が難しかった病状の改善や安定化を目標にできるようになってきました。

しかし、これらの治療は、小児期、移行期、壮年期、老年期などのライフサイクルや、また挙児希望や妊娠・授乳の有無などに応じて、更に関節リウマチでは整形外科治療も考慮に入れながら、診療を行っていく必要があります。そこで、2018年4月より、聖マリアンナ医科大学病院にリウマチ・膠原病生涯治療センターが開設されました。このセンターは、内科や整形外科、小児科が緊密な連携のもと、各ライフステージにあった適切な内科および整形外科治療を届けられる日本で初めてのセンターとなります。まず、当センターでは、移行期の患者さんを対象とした移行期外来、挙児希望のある方や妊娠、授乳期の患者さんを対象とした母性内科外来、リウマチ外科外来の特別外来を設け、地域の医療機関の皆様と連携をさせていただきながら、個々の患者さんに合わせた全人的医療を目指して参ります。

センター一同、皆様と一緒に疾患に向き合い、その克服のために努力してまいる所存です。是非、ご相談ください。

 

■センター長 川畑 仁人 
このたび、聖マリアンナ医科大学病院にリウマチ・膠原病生涯治療センターが開設されました。

このセンターは、小児から高齢者までの全ての年代の方に、それぞれのライフサイクルに合った最新の専門的医療を、内科や整形外科、小児科が緊密な連携のもと行っていくことを目的としています。

リウマチ・膠原病は、小児から高齢者まで幅広い年代でおきます。また、現在では、治療の成績もよくなり、生涯をとおして病気をコントロールしながら日常生活をおくれるようになってきました。しかし、リウマチ・膠原病の治療は、小児期、大人への移行期、挙児希望や妊娠、授乳期、老年期などのライフサイクルや合併している病気によって大きく変わってきます。また、関節リウマチ治療においては、内科、整形外科の垣根なく、密な連携をとることで、よりよい治療が可能になります。

したがって、誰でも、生涯のどの時期でも、また受診以降、年齢を経ても、シームレスに各ライフステージにあった適切な治療をうけられる環境が望まれていました。聖マリアンナ医科大学病院リウマチ・膠原病生涯治療センターは、この治療環境を届けられる日本で初めてのセンターとなります。

まず、通常の外来とともに、小児から成人への移行期にあたる患者さんを対象とした移行期外来、挙児希望のある方や妊娠、授乳期の患者さんを対象とした母性外来、リウマチ外科外来の特別外来を設け、地域の医療機関の皆様と連携を密にさせていただきながら、個々の患者さんに合わせた全人的医療を目指して参ります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

■副センター長 仁木 久照

 近年の関節リウマチの診断や薬物療法の進歩により、早期診断・治療が可能となり、整形外科が関節リウマチに関わる内容はこの10数年で大きく変化しました。背骨や股関節・膝関節のような大きな関節の罹患は激減し、手足の小さな関節を手術対象とする機会が増えました。その結果、患者様からは整容的にも機能的にも優れた手術の需要が高まり、今ではそうした手術の提供が可能となっています。内容につきましては、遠慮無くご相談ください.

リウマチ膠原病生涯治療センターにおいて、整形外科はリウマチ膠原病内科と小児科と密な連携をとり、多方面へ情報発信してまいります。また,生涯を通じて患者様の生活の質(QOL)を担保できる最新で最良の治療の提供を心がけます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

副センター長 山本 仁

 近年、小児リウマチ・膠原病などの慢性疾患の予後は、診断や治療の進歩により大幅に改善しています。その結果、疾患を抱える多くの子供達が寛解状態を維持したまま成人期へ移行するケースも増えて来ています。しかし小児期から思春期を専門的に診ている医師は全国的にも少なく、治療の進歩の恩恵にあずかる機会を逸している方も少なくありません。聖マリアンナ医科大学リウマチ・膠原病生涯治療センターは、小児期から成人期に亘る移行期の患者さんも集約的に診察、治療できるセンターとして設立されました。移行期の医療は、小児科と内科が互いの意見を交換しながら患者さんのより良い将来を見据えながら進めて行くことが重要と考えます。慢性疾患を持つ患者さんが、身体面、心理面だけでなく日常生活や学校生活に支障を来たさない日常を過ごせるようにサポートして行きたいと思います。


業務の案内

【移行期外来】
小児から成人への移行期にあたる主に中学生以上の若年性特発性関節炎や膠原病の患者さんを対象としています。移行期では小児膠原病の特徴を踏まえた治療を行いながら、病気への理解、学業や就職との両立、社会的支援の変化への対応など、今後の成人科における診療への準備が必要となります。当外来では、移行期の患者さんの診療やサポートを積極的に行っていきます。

【母性内科外来】
リウマチ・膠原病の診療では、挙児希望のある時点から、妊娠、出産、授乳までの期間、使用出来る薬剤も限られ、生じうる合併症にも特別な注意が必要となります。当外来では、患者さんの疾患や病状を評価しながら、妊娠可能な状態への準備、妊娠に伴って生じうる母体や児の合併症への対応、出産時のケア、妊娠・授乳中の薬物治療を行っていきます。

【リウマチ外科外来】
関節リウマチでは、変形や骨破壊による生活動作の低下や疼痛コントロールに、外科的治療が非常に有効な場合があります。当外来では、患者さんの手指、足部、肩、膝、肘、股関節、頚椎等の病状と運動機能を評価しながら、外科的治療の必要性を精査し、外科的治療を行っていきます。

受付方法

現在診ていただいている先生に、紹介状を書いていただき、メディカルサポートセンターにFAXを送ってもらってください。
メディカルサポートセンターで予約日・予約時間を決め、折り返し連絡いたします。予約の日に外来に来ていただき診察になります。
なお、初診外来は午前中に行っております。

受付時間

外来受付は午前8時30分~11時00分(初診外来も同様です)
緊急の場合はメディカルサポートセンターまたは救命救急センター受付へご相談下さい。
移行期外来の受付時間:水曜日午前
母性外来の受付時間:月曜日午後
リウマチ外科外来の受付時間:木曜日午後

担当科

リウマチ・膠原病・アレルギー内科、整形外科