診療科・部門等一覧

脳卒中センター

ご挨拶

 脳卒中は日本人死因の上位を占め、一命をとりとめたとしても、しばしば重い後遺症を残し、要介護状態となることの多い病気です。脳卒中になっても後遺症を最小限に食い止めるためには、直ちに脳卒中センターに救急搬送してもらい、専門的治療を開始することが重要です。発症4.5時間以内の脳梗塞では、点滴で血栓を溶かす超急性期血栓溶解療法を、また血栓溶解療法だけでは溶けきれない大きな血栓による脳梗塞では、ステントを用いた機械的血栓回収療法(血管内治療)を行うことができます。脳の血管が詰まった瞬間から、脳の細胞は時々刻々と死滅して行き、梗塞の範囲は広がっていきますので、これらの治療は1分を争って行う必要があります。迅速かつ的確な診断のもと、直ちに治療を開始する為には、高度に訓練された多職種チームによる診療体制の存在が不可欠です。このような体制を24時間365日備えている施設は脳卒中センターとよばれ、更に複数の合併症を有する方や高難度の脳神経外科手術にも対応できる施設は包括的脳卒中センターと呼ばれています。聖マリアンナ医科大学病院脳卒中センターは、脳卒中治療に精通した医師、看護師、専任のリハビリテーションスタッフを擁する、脳卒中患者専用の治療室である「脳卒中ケアユニット(SCU)」、厳重なリスク管理のもとに急性期からリハビリテーションを開始することのできる「病棟リハビリテーション室」を有し、包括的脳卒中センターとして診療を行っております。