来院・入院の方

病院長のイチ押し!!

整形外科トピックス

子どもに笑顔を!!-野球障害を防ごう-

 我が国の国民的スポーツである野球は少年達にも盛んですが、頑張りすぎると野球肘という成長期特有のスポーツ障害を引き起こします。このような障害を負う少年達をなくすために一般財団法人運動器の10年・日本協会を中心に野球肘検診が行われています。しかし、川崎市ではこのような取り組みを行っている医療機関は今までありませんでした。そこで本年より整形外科教授別府諸兄を中心に新井猛講師ほか整形外科チームで野球肘検診をスタートさせました。


 2014年1月18日にまず多摩区、高津区の少年野球チーム131名に検診を行いました。第2回目は2月9日に宮前区、麻生区の予定でしたが大雪のため残念ながら中止となりましたが今後も川崎市北部、南部に広げていく予定です。また、川崎市少年野球連盟と連携してスポーツ指導者講習会に取り組み、第1回として北部地区は5月31日に聖マリアンナ医科大学病院にて、南部地区を6月7 日に聖マリアンナ医科大学東横病院にて行いました。