聖マリアンナ医科大学総合周産期母子医療センターは神奈川県に点在する5つの総合周産期母子医療センターの中でも、川崎市全体を統括する唯一無二のセンターとしての重責を担っています。総合周産期の意味としては、MFICU(母体胎児集中治療室)を有していることが特徴であり、当院においては6床のMFICUを運用しています。近年の母体の高齢化に伴って母体集中治療を必要とする症例も日増しに増加してきており、当大学周産期母子医療センターに期待される役割も大きくなっております。周産期医療は、小児科、小児外科、麻酔科、心臓外科を始めとする数多くの診療科および助産師、看護師等の協力なしには成り立ちません。関連各部署が心をひとつにして、一人でも多くの母親、新生児が救われる体制づくりをめざし、日々努力しております。当周産期センターのモットーとしては”One team, one goal, caring for you and your baby.”としたいと思います。このような一人のお母さんと一人のお子さんを安全に周産期管理できるシステムをバックボーンにした上で、さらに聖マリアンナ医大で分娩をするということがステータスとなるような、母体、新生児にとって安全で安心かつ分娩したご家族が十分に満足していただけるような質の高い周産期管理を行っていきたいと思っています。一人一人のお母様達のニーズに応じたフレキシビリティーの高い、聖マリアンナ医科大学総合周産期母子医療センターへと向かって行きたいと思っております。夫立会い出産も行っています、出産という大切なひとときをご家族で共有していただけるようにしております。
 また、胎児診断、胎児治療の分野にも力を入れており、大学総合周産期母子医療センターならではの新生児科、小児外科、心臓外科とのネットワークの中での適切な治療のタイミング、方法を選んで、小さなお子様の命を守っていくことを使命にしています。このように聖マリアンナ医科大学総合周産期母子医療センターでは、患者様からの信頼・評価をいただけるように、理念でもあります患者さまに快適で心の通い合う安心・安全な出産をすすめる環境を作っていきます。お母様やお子様のことで、何かご心配なことがございましたら、いつでも気軽に御相談にいらして下さい。スタッフ一同でお待ちしております。