当院について

こどもの患者の権利について

こどもの患者(かんじゃ)の権利(けんり)に関(かん)する事項(じこう)

あなたは、どのようなときにもひとりの人間(にんげん)として大切(たいせつ)にされながら、大人(おとな)へと育(そだ)っていくことを一番(いちばん)に考(かんが)えた医療(いりょう※1)を受(う)けることができます。聖(せい)マリアンナ医科(いか)大学(だいがく)病院(びょういん)では、このような考(かん)え方(かた)でつくった「こども患者(かんじゃ)憲章(けんしょう)」(※2)を守(まも)って、あなたを助(たす)けていきます。

※1 病気(びょうき)を治(なお)してもらうことなど
※2 あなたのために、病院(びょういん)の人(ひと)たちやあなたのご家族(かぞく)、そしあなた自身(じしん)も守(まも)らなければならない決(き)まりごと

こども患者(かんじゃ)憲章(けんしょう)

  1. あなたは、どのような病気(びょうき)にかかったときでも、ほかの人(ひと)と同(おな)じようによい医療(いりょう)を受(う)けることができます。
  2. あなたは、どのようなときでも、ひとりの人間(にんげん)として大切(たいせつ)にされ、病院(びょういん)の人(ひと)たちやご家族(かぞく)と力(ちから)を合(あ)わせながら医療(いりょう)を受(う)けることができます。
  3. あなたは、病気(びょうき)のことや病気(びょうき)を治(なお)していく方法(ほうほう)を、あなたがわかる言葉(ことば)や物(もの)などを使(つか)って、病院(びょういん)の人(ひと)たちやご家族(かぞく)から教(おし)えてもらうことができます。
  4. あなたは、病気(びょうき)のことや病気(びょうき)を治(なお)す方法(ほうほう)について、十分(じゅうぶん)な説明(せつめい)を受(う)けたうえで、自分(じぶん)の考(かんが)えや気持(きも)ちを病院(びょういん)の人(ひと)たちやご家族(かぞく)に伝(つた)えることができます。
  5. あなたは、わからないこと、心配(しんぱい)なことや不安(ふあん)なことがあるときは、病院(びょういん)の人(ひと)たちやご家族(かぞく)に聞(き)いたり、話(はな)したりすることができます。
  6. あなたが話(はな)したことや、あなたの病気(びょうき)について知(し)られたくないことは、誰(だれ)にも話(はな)しません。
  7. あなたは、入院(にゅういん)していても、勉強(べんきょう)したり、遊(あそ)んだりすることができます。
  8. あなたは、病気(びょうき)の治(なお)し方(かた)や薬(くすり)が効(き)くかどうかの研究(けんきゅう)への協力(きょうりょく)を頼(たの)まれたときは、十分(じゅうぶん) な説明(せつめい)を受(う)けて、協力(きょうりょく)するかどうかを自分(じぶん)で決(き)めることができます。決(き)めるときに、わからないことや不安(ふあん)なことがあれば、病院(びょういん)の人(ひと)たちやご家族(かぞく)に聞(き)いたり、話(はな)したりすることができます。とちゅうでやめたくなれば、いつでもそれをやめることができます。
  9. あなたの病気(びょうき)がよくなるように、あなたのからだや気持(きも)ちのことをできるだけくわしく病院(びょういん)の人(ひと)たちやご家族(かぞく)に伝(つた)えるようにしてください。
  10. あなたとみんなが気持(きもち)ちよく過(す)ごすために、あなたも病院(びょういん)の約束(やくそく)を守(まも)ってください。