研修・大学院

初期臨床研修

耳鼻咽喉科 H26年度初期臨床研修プログラム

I はじめに
耳鼻咽喉科が担当する領域は「みみ・はな・のど」のみならず「平衡障害」や「頭頸部癌」など多岐にわたる。他科においても、「めまい、鼻出血、喉頭浮腫、気管切開」などの耳鼻科疾患に直面しその場で的確な判断を迫られることが少なくはない。
初期臨床研修では全科における日々の診療にも役立つ当科的思考および技術を身につけることを目標とする。

II 一般目標(GIOs)
1 耳鼻咽喉科医に求められる基本的な診察に必要な知識と検査および診療手技を身につける。
2 耳鼻咽喉科の基本的手術に関する意義、原理を理解し、適応を決める。手術手技、手術前後の管理を習得する。

III 行動目標(SBOs)
1 耳鼻咽喉科領域の解剖・生理を理解する。
2 基本的診察法・検査法を習得する
 ① 病歴を聴取し、病歴作成ができる。
 ② 鼓膜所見、鼻内所見、咽喉頭所見、眼振所見がとれる。
 ③ ファイバースコープを用いて鼻腔、咽頭、喉頭の所見がとれる。
 ④ めまい検査が行なえ、結果を評価判定できる。(眼振検査、眼振電図[ENG]など)
 ⑤ 純音聴力検査、インピーダンスオージオメトリーが行なえ、その結果が理解できる。
 ⑥ 耳鼻咽喉科領域のレントゲン写真、CTスキャン、MRIが読影できる。
 ⑦ 耳鼻咽喉科領域の特殊検査ができる。(鼻アレルギー検査、嗅覚検査、電気味覚検査、音声機能検査、
   聴性脳幹反応検査[ABR]、誘発筋電図、顔面神経機能検査、嚥下機能検査)
3 耳鼻咽喉科基本処置を習得する。
 ① 耳処置、鼻処置、咽喉頭処置ができる。
 ② 創傷処置ができる。
4 耳鼻咽喉科病棟業務、入院患者管理を習得する。
 ① 急性疾患(急性扁桃炎など)、突発性難聴、めまい症の管理ができる。
 ② 術後患者の管理ができる。
5 耳鼻咽喉科手術を経験する。
 ① 口蓋扁桃摘出術、気管切開術を執刀する。
 ② 鼓室形成術、内視鏡下鼻副鼻腔手術の助手ができる。
 ③ 頭頸部外科手術の助手ができる。
6 救急外来患者の診察・治療ができる。
 ① 急性中耳炎の診察と治療ができる。
 ② 急性咽喉頭炎、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍の診察と治療ができる。
 ③ めまい症の診察と治療ができる。
 ④ 鼻出血の止血ができる。
 ⑤ 咽頭・喉頭異物の診断と治療ができる。
 ⑥ 急性喉頭蓋炎、喉頭浮腫の診断ができ、気管切開の適応が判断できる。