ページ内を移動するためのリンクです。
ナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

企業の皆様へ

活動状況

知財事業推進センターの業務

知財事業推進センターの業務内容は、大別すると以下の3つになります。

  1. 知的財産の管理全般に関する業務 (知財管理)
    知的財産の管理方針及び活用方針等の基本的方針の策定、知的財産戦略及び 実施計画の企画立案を行ないます。これらの管理全般には、産学官連携を推 進していく上で必要な規程等の整備も含まれます。
  2. 知的財産の創造・保護に関する業務 (権利化推進)
    知的財産の発掘・相談および届出などに関する業務及び職務発明として認定を受けたものについて特許出願を行うか否か、国際出願を行なうか否かなど、知的財産の権利化に関する業務等を行っています。また、教職員及び学生への知的財産に関する啓蒙活動と、学外への産学連携についての広報活動に積極的に取り組んで権利化推進を図っています。
  3. 知的財産を活用する業務 (事業化支援)
    知的財産の評価(市場性)、渉外、ライセンス、技術移転、契約等をはじめ、企業等との共同研究および受託研究、技術移転先企業等との交流会の開催など、知的財産の活用に関する業務全般を行っています。聖マリアンナ医科大学の研究シーズを基にした、ベンチャー起業に関する調査や、本学認定ベンチャーの認定、および支援等も行っています。

※知財事業推進センターの庶務は知財事業推進課で行っております。
知的財産の活用、産学連携については、知財事業推進課へご連絡ください。

↑ このページのTOPへ