各部門の紹介

IVR(画像下治療)

・IVRとは
Interventional Radiologyとは、画像診断法の進歩と共に急速に普及した低侵襲治療法の一つです。画像下治療とも呼ばれ、主に血管系、非血管系に分かれますが、ほぼ全ての臓器が対象となり、多岐にわたる疾患を治療しています。
当科ではIVR医、診療放射線技師、看護師の三位一体で治療にあたっています。他の専門診療科ともカンファレンスを行い、緊急症例の治療も積極的に行っています。
また血管奇形の塞栓術、その他のIVR治療の入院加療も行っています。