本教室について

ご挨拶

特徴・展望

放射線医学教室教授:三村秀文

 聖マリアンナ医科大学放射線医学教室は、昭和49年より、わが国で始めて画像診断の中央管理、中央読影システムを完成させ、チーム医療の中心的役割を担う放射線科医の地位を確立した歴史ある教室です。

 現在も、放射線科は24時間365日対応の総合的ジェネラルラジオロジストとして、臨床各科からのコンサルトに対応しています。一方で、科内にはそれぞれの臓器スペシャリストが在籍し、昨今、より専門性の高くなった臨床家からの多様な要求に対応できる体制も整えています。このような環境で、放射線科医だけでなく若い臨床医の教育にも力を注いでいます。当教室で対応する画像モダリティは、単純写真、透視、超音波、核医学、CT、MRIと広範囲に渡り、放射線科医師として必要な内容全てが網羅されるようになっています。
 救急医学教室とのコラボレーションも特徴の一つで、救急放射線科医による指導のもと、臨床現場と近い放射線業務の実践を心がけています。放射線科研修の過程においては、生の症例をリアルタイムに体感できる貴重な機会にもなります。近年、キャノンメディカルの遠隔コンサルトシステムを導入し、当直医の上級医へのコンサルトがより簡便化したために、以前より一相カバー範囲の厚い当直体制の構築が達成されました。
 また当初よりIVRには力を注いでおり、悪性腫瘍の局所癌制御、血管奇形に対する硬化療法や塞栓術、各種カテーテル留置・挿入、外傷を含む各種症例に対する止血術、大動脈ステントグラフト、各種ドレナージ、椎体形成術、子宮筋腫塞栓術など対応手技は多岐に渡ります。画像診断を通じたすべての臨床各科との良好な関係構築がこのようにIVRの守備範囲も広げる要因です。
  一方、放射線治療部門は、その専門性が十分発揮できるように病棟を持たず、臨床各科医師のご協力の下に放射線治療を行い、悪性腫瘍に対するIVRを適時加えながら集学的治療を実践しています。放射線治療専任の診療放射線技師に加えて専門の放射線物理士を擁して最新の高精度放射線治療を安全に行える体制を構築しています。放射線治療を専門とする若手スタッフも育ちつつありこの領域の更なる充実に尽力していきたいと考えています。
 大学病院の医療において、益々臨床各科の専門性が高まり、その専門医にアドバイスできるだけの能力のある放射線科医を養成することが要求されています。 一方、地域医療や救急、プライマリーケアにおいては臓器にとらわれず全身管理の立場から治療へのアクションプランに直結する幅広い画像診断知識とIVR技術が要求されます。従って、教室の卒後教育の基本は救急医療、プライマリーケアに貢献できる幅広い画像診断の知識と救急対応可能なIVR技術を身につけることにありました。そのような知識の上に専門臓器やIVR専門医としての技術など、さらに深い専門性を養い、その領域の臨床医を指導できるだけの知識と技術が本学放射線医学教室スタッフの到達目標となっています。
 本学放射線科医学教室スタッフの目標は、救急医療に役立つ幅広い知識を有しながら高度な専門性を身につけ、国際基準でわが国の放射線医療をリードする能力を開発することです。このような高い目標を持った若い医師を求めています。

医師として充実した生活を

 自身の技術や知識をひとや社会に貢献できることは専門職である我々にとって何事にも変えがたい幸福です。良い放射線診療は読影医、IVR治療医、あるいは治療医一人の力では達成できません。メディカルスタッフ、秘書や事務職員、臨床各科の医師、地域医療を担う諸先生方との協力が不可欠です。大学病院放射線科医師として取り組む課題は、個々の医療にとどまらず、精度の高い低侵襲な先端医療を容易に提供できるシステム構築も視野に入れなければなりません。そのため行政、医師会、関連企業などとの良好な協力関係が必要ですが、それぞれ固有の利害もあり、一長一短には進むものではありません。しかし、お互いが共に充実して仕事が出来、成果を分かち合えるいわゆるwin-win関係の方向が見えればより大きな社会貢献に繋がります。わが教室は従来からこの思想に立って大学間および国際間の人的交流、企業との共同研究、公的私的を問わず様々な多施設共同研究に積極的に関与してきました。放射線科医を目指す若い医師にとってもこのような活動に参画することは放射線科医としてのモチベーションを上げるだけでなく医師としてのモラル向上にも役立つものと考えています。今後はこのような基本思想をさらに進めて様々な団体の協力をいただきながら全国的な遠隔画像診断システムや開発途上国への医療支援システム作りを視野に入れながら進めていきます。教室として社会貢献への道を模索しながら教室員の利他愛の精神を継続的に育める環境づくりに取り組みたいと考えています。