本教室について

本教室について

本教室について

当科では、どの専門科を受診すればよいかわからない症状や、日常的にみられる症状をもたれる患者様の初診外来診療や、かかりつけ医よりの紹介患者様の診療、臓器の特定しにくい疾患(不明熱など)の診療を行っています。また、可能な限り、継続的に患者様の診療に当たるとともに、疾患臓器が特定された場合には、適切なタイミングで当該分野の専門医を紹介し、より高度な医療を受けていただけるよう他科とも十分な連携をとっております。また、病状の経過より、かかりつけ医への逆紹介やかかりつけ医の紹介も積極的に行い、患者様を中心とした地域医療連携にも力を入れております。さらに、予防医学的な側面に配慮した診療も行っております。その他、患者様一人ひとりの体質や病勢などに配慮した漢方専門外来も行っております。入院診療については、内科総合診療部の中心的な役割を果たし、外来診療だけでは診断、治療が困難な患者様の初期診療及び加療を担っております。
 以上のように当教室は地域医療機関よりの種々の医療ニーズに対応できるよう多様性、連続性のある診療に取り組んでおります。このような診療体制と共に、当来、総合内科医、プライマリケア医として活躍できる医師を育成するプログラムと環境を整備し、臨床に基づく研究を進めています。教育は率前においては「地域医療学」「漢方医学」、大学院においては「プライマリケア・地域医療学コース」などを担当しています。